転換性障害

転換性障害とは、かつての転換性ヒステリーにあたる神経症のこと。
器質的には異常がないにもかかわらず、歩行障害や失声などの
運動麻痺、振戦やチックなどの運動症状、失明やトンネル視などの
感覚異常が現れる。詐病ではないが、症状に比べて本人の不安が
小さいのが特徴。精神分析理論では、無意識的葛藤が症状の形で
身体化したものと考えている。また身体症状により不安から逃れたり、
他者からの関心を得られるといった疾病利得のメカニズムが関連
している。ほとんどが短期間で自然に回復するとされる。