身体表現性障害

身体表現性障害とは、医学的検査により異常が発見されない
のに、身体に関する症状が存在し、社会生活に支障をきたす
状態のこと。ストレスや不安・葛藤などの心理社会的因子が、
発症や慢性化に関連していると考えられており、決して詐病
ではない。かつては転換性ヒステリーと呼ばれた神経症レベル
の障害である。診断においては、うつ病の身体症状と鑑別が
重要である。