心的外傷後ストレス障害

心的外傷後ストレス障害とは、災害・事故による外傷体験で発症し、
侵入性再体験(フラッシュバック)、外傷に関連した刺激の回避や
反応性の低下、過度の覚醒・緊張といった症状が3ヶ月以上持続
する障害のこと。1ヶ月以内で治癒するものは、急性ストレス障害
と呼ばれる。治癒として3つの要素(再体験・解放・再統合)が必要
とされている。具体的には、系統的脱感作法やEMDR、デブリー
フィング、子供の場合は遊戯療法が用いられている。