強迫性障害(強迫神経症)

強迫性障害とは、強迫観念と強迫行為が慢性的に存在し、その為に
日常生活や人間関係に支障をきたすことを特徴とする神経症のこと。
強迫観念とは、自分でも非合理・非現実的と自覚している考え・
イメージ・衝動が不可避に頭に浮かび、不安や苦痛を引き起こす状態
のことで、非合理性の自覚がある点が妄想と異なる。強迫行為とは、
強迫観念を打ち消す為に行われる反復的・儀式的行動であり、確認
脅迫や洗浄脅迫が多い。かつては治療困難とされていたが、近年
では行動療法及び薬物療法が効果をあげつつある。