反動形成

反動形成とは、防衛機制のひとつで、フロイト,S.が強迫
神経症に特異なものとして記述したものである。意識された
内容が、自我にとって受け入れ難い場合、それとは反対の
言動をとることで抑圧を強化しようとする心的過程。子供を
憎んでいる継母が、却って極端な愛情を示すように、
無意識下で攻撃・憎悪などの破壊的衝動が強く抑圧されて
いる場合に、意識面では過度の親切・丁寧な態度となって
現れる、などがその例である。