同一視

同一視とは、防衛機制のひとつで、対象関係の発達において
重要な働きをしており、自我同一性の形成に関わりが深い。
対象の考え・感情・行動などを無意識的に取り入れ、その
対象と同じような傾向を示すようになる心的過程のこと。
自分の中にある傾向が性質を他人になすりつける場合は
投影と呼ばれるが、これも主観的に自他を混同する同一視の
一種と考えられる。フロイト,S.は、男児の超自我の形成に
おいて、父親との同一視を取り上げている。このような同一視
を通じて、道徳性・性役割などを含んだ人格が形成されていく。