ベンダー・ゲシュタルト検査

ベンダー・ゲシュタルト検査とは、ベンダー,L.が作成した作業
検査法のことで、投映法に分類される場合もある。ゲシュタルト
心理学者のウェルトハイマー,M.が作成した、点や直線・曲線、
閉合図形などを組合せた9枚の図形を1枚ずつ模写させ、その
結果を分析。現在では、パーソナリティ検査としてよりも、発達
検査や器質的脳疾患の識別診断における認知機能の測定に
用いられることが多い。特に、学習障害や高次脳機能障害の
診断には欠かせない検査となっている。