内田クレペリン精神作業検査

内田クレペリン精神作業検査とは、クレペリン,E.が実験心理学的
研究の為に考案したものを、内田勇三郎が翻案したパーソナリティ
検査のこと。テスト用紙に印刷された数字列を、連続して加算し、
その結果である作業能率の時間的推移を表す曲線(作業曲線)の
パターンを分析することで、パーソナリティを把握する。実施方法は、
練習2分、本検査(前期)15分、休憩5分、本検査(後期)15分。
練習の効果、疲労、作業曲線のパターンに基づいて、パーソナリティ
や精神機能の診断を行うものとして広く活用されている。