作業検査法

作業検査法とは、被検者に、一定の状況の元で一定の作業を
実施させ、その作業の遂行態度や結果から、作業者のパーソ
ナリティを測定する心理検査のこと。内田クレペリン精神作業
検査が、代表的なものである。長所は、一度に多人数の実施が
可能、意図的な回答操作が困難、言語能力に依存しないなどが
挙げられる。一方短所は、パーソナリティ傾向の一面しか捉えら
れず、解釈に熟練を要するなどが挙げられる。