P-Fスタディ

P-Fスタディとは、絵画欲求不満テストとも呼ばれるもので、
ローゼンツァイク,S.により作成された投映法。欲求不満状況に
対する反応のタイプから、被検者のパーソナリティ傾向を把握。
日常の欲求不満場面について、漫画風に描かれた24枚の刺激に
対して、空いているフキダシに自由に反応を書き入れさせる。
結果の分析は、攻撃性の方向(他責・自責・無責)と攻撃型
(障害優位型・自我防衛型・要求固執型)の組合せで行われる。