バウムテスト(樹木画テスト)

バウムテストとは、コッホ,K.により考案された投映法である。
子供の発達検査としての側面もある。A4版の紙と鉛筆、
消しゴムを用意し、「実のなる木を1本描いて下さい」と指示。
その画像の全体的印象、樹木の各部の形態、空間図式の
検討などについて分析する。子供から大人まで適用範囲が
広く、集団施行も可能であり、所要時間も短いゆえに臨床現場
で広く活用されている。ただし、自由度が大きい分客観性が
低く、他の検査や面接で得られれたデータと組み合わせて
解釈する必要がある。