ロールシャッハ・テスト

ロールシャッハ・テストとは、代表的な投映法で、スイスの精神科医
ロールシャッハ,Hが精神診断法として考案した検査のこと。左右対称
のインクの染み10枚からなる検査図版を、被検者に1枚ずつ提示し、
それが何に見えるかを自由に反応させる方法。豊富なデータに基づく
客観的・量的解釈に加え、力動的な解釈も可能。解釈において
検査者に習熟が要求され、実施及び解釈に手間と時間が必要と
されるが、得られる情報も多い為多く利用されているのである。