投映法

投映法とは、投影法とも呼ばれるもので、あいまいな刺激素材に
対して、被検者に自由に反応してもらい、その結果を分析・解釈
することでパーソナリティを測定する検査である。長所は、回答の
意識的な操作が困難な点、また無意識領域までわたる多面的・
総合的・力動的な把握が可能な点があげられる。一方短所
としては、実施と解釈に時間と手間、経験と熟練を要する点、
結果の解釈においても検査者の主観的判断に多くを頼らざるを
得ない為、信頼性・妥当性に疑問が残る点などがある。