EPPS性格検査

EPPS性格検査とは、エドワーズ,A.L.が、マレー,H.A.の社会的
欲求理論をもとに作成した、パーソナリティ検査である。達成・追従・秩序・
顕示・自律などの社会的欲求の15特性の中から2特性を組み合わせた、
全部で225対の質問項目から成る。質問対は、社会的望ましさがほぼ
等しくなるように組み合わされており、どちらかを選択させるという強制
選択法が用いられているのが特徴である。それゆえ、質問紙法の弱点
である、社会的望ましさによる回答の意図的操作を回避できるのである。