抵抗

抵抗とは、治療抵抗とも呼ばれるもので、心理療法中に現れる、
治療を妨げるクライエントの言動のこと。クライエントは、意識上は
治療を望んでいるが、無意識的に変化に対する不安があり、それが
抵抗として現れる。自らの無意識と直面する苦痛を回避し、また症状
や問題により得られる周囲の関心や同情を失いたくないという疾病
利得が背景にある。しかし、治療者とともにクライエントが抵抗の意味
を考え自覚していくことで、成長への手がかりともなるのである。