逆転移

逆転移とは、転移とは逆に、心理療法中に治療者からクライエント
に向けられる、非合理的な感情のこと。陽性の転移は治療に役立つ
場合もあるが、逆転移は治療者とクライエントの適切な距離を乱し
治療の枠組みをも壊しかねない危険なもの。フロイト,S.は、逆転移
は消滅させるべきとし、教育分析の重要性を強調した。しかし現在は、
治療者が逆転移を自覚し、それに振り回されることなく治療に活かす
ことが重要視されている。特に境界例患者は、激しい転移・逆転移を
引き起こす事が多く、注意が必要である。