ラポール

ラポールとは、心理療法の場面で、治療者とクライエントとの間
に感情や意志の交流・理解があり、両者とも自由に振る舞える
安心感、相手に対する信頼感が成立している状態のこと。
心理療法における治療関係の出発点であり、理論の違いを
超えて共通の基本前提条件として重視されている。また心理検査
に関しても、検査者と被検者との間のラポールは重要であり、
特に1対1で行う投映法や知能検査では不可欠とされている。