電話カウンセリング

電話カウンセリングとは、電話を媒介とした心理的援助活動のこと。
具体的な指導や助言よりも、共感的な傾聴が重視される。治療構造
や専門性の面においては、電話カウセリングを心理療法とみなす
のは難しい。しかし、時間や距離に制限されないという緊急時の
即応性の点においては、危機介入に欠かせない援助法である。
コミュニティ心理学においては、電話カウンセリングは、地域精神
衛生上、有用な社会資源となる可能性を持つもの。