例外の発見

例外の発見とは、ブリーフセラピーの技法のひとつ。不適応行動の原因
が何かを探るのでなく、不適応行動が出ない時はどんな状況なのかに
注目。例えば子供の不登校が問題の場合、なぜ登校しないかでなく、
「どういう時に登校するのか」を探っていくのである。どんなに小さな例外
でも逃さず発見し、その例外を支えている条件を見つけ出し再現する。
例外とは、すでに解決している部分のことであり、解決している部分を
拡大することで問題部分を縮小していくというアプローチである。