対抗パラドックス

対抗パラドックスとは、症状処方とも呼ばれるもので、家族療法や
ブリーフセラピーの技法のひとつ。表面上は、症状や問題が悪化
する方向へ治療をすすめるように見えながら、実際には、悪循環
を切断するもの。例えば、自分で制御できない症状に悩むクライ
エントに対し、わざと症状を起こすように指示。クライエントが自分の
意志で再現することで、症状に対する意識的なコントロールを可能
にする、あるいはクライエントの治療抵抗をセラピストに有利な方向へ
設定することで、指示に従っても反しても症状の改善につながる、
というもの。