コミュニティ心理学

コミュニティ心理学とは、複雑に相互作用しあう、社会システム
と個人とを結びつける心理過程全般についての研究を行っており、
この結び付けを、概念的かつ実験的に明らかにすることにより、
個人・集団、及び社会システムがよりよく機能するような活動
計画の基礎を提供することを目的とする臨床心理学のひとつ。
個人が不適応に陥ってから治療するのでなく、不適応に陥り
にくい地域社会の実現を目指す、予防的アプローチであり、
21世紀における臨床心理学の課題のひとつ。