一般システム理論

一般システム理論とは、生物学者ベルタランフィ,L.が提唱した
科学理論のひとつ。システムを、「相互作用しあう要素の集合体」
として捉えており、上位システムと下位システムが入れ子状に
構成されているとみなすのである。従来の還元主義科学において
は、原因と結果を特定することで、事象を理解しようとしてきた
(直線的因果律)。しかし、複雑に相互作用しあう要素からなるシス
テムにおいて、問題の原因を1つに特定するのは不可能(円環的
因果律)とされる。家族療法では、家族をシステムと捉え、円環的
因果律に基づいて把握しようとする。