セルフヘルプ・グループ

セルフヘルプ・グループとは、共通の障害や問題を抱えている
人達が、相互援助を目的として、自主的に組織化・運営している
自助グループのこと。セルフヘルプ・グループの効果としては、
疎外感・孤立感の解消、克服モデルの提供、そして援助者役割を
果たすことが治療となる援助者療法原理が挙げられる。専門的・
制度的ケアに不充分な部分を補完するものであり、セラピスト
などの専門家と対立するものでない。地域援助の一環としての
コンサルテーション機能がセラピストには期待されるのである。