ジョハリの窓

ジョハリの窓とは、グループ体験におけるパーソナリティ変容の
メカニズムを説明する際に使用される概念のこと。自己の
パーソナリティを、①自分も他人も知っている面(開放領域)、
②自分は知らないが、他人は知っている面(盲点領域)、
③自分は知っているが、他人は知らない面(隠蔽領域)、
④自分も他人も知らない面(未知領域)、の4つの領域として
把握する。グループ体験において、自己開示とフィードバックで、
盲点領域や隠蔽領域を縮小し、開放領域を拡大することが、
自己理解や人間関係訓練につながっていくのである。