スクイッグル法

スクイッグル法とは、相互なぐり描き法とも呼ばれるもので、
ウィニコット,D.W.が開発した描画法。具体的には、まず
セラピスト(クライエント)がサインペンで用紙になぐり描きをする。
続いてクライエント(セラピスト)が、そのなぐり描きから連想された
ものを、クレヨンで線を描き加えて完成させるのである。この
過程を、順序を交替して数回繰り返す。なぐり描きと描画を
ひとりで行うスクリブル法もある。複雑な描画でない為、絵が
下手な被験者でも抵抗や緊張が少なく、子供にも有効である。