芸術療法

芸術療法とは、絵画や音楽などの芸術活動を媒介する心理療法の
ことである。心理療法やカウンセリングの多くが言語を主回路にする
のに対し、芸術療法では作品に表れたイメージを用いるので、言語
能力に問題のあるクライエントにも有効である。また、言語が一過性
のものであるのに対し、絵や箱庭などの作品は何度でも見直すことが
可能で、芸術表現行為そのものに、カタルシス効果や深層心理の投影、
対人関係の促進などの治療的効果があると考えられている。