遊び

遊びの理論には、余剰エネルギー説や生活準備説などがある。
だが、遊戯療法における遊びには、自己表現及びカタルシスの
役割が重視されている。また、対象関係論のウィニコット,D.W.
は、遊びは移行領域で行われる作業であり、ファンタジーと現実が
共存できる世界で自由に遊ぶことで、子供は内的世界と現実の
折り合いをつけていくとした。ゆえに安全で自由に遊ぶことが
許されるプレイルームは、移行領域と同じ機能があるのである。