エゴグラム

エゴグラムとは、構造分析をグラフ化したもの、またはそのための
質問紙検査のこと。バーン,E.の弟子であったデュセイ,J.M.
が考案。横軸に左からCP・NP・A・FC・ACの5つの自我状態、
縦軸に各自我状態の強さを表す棒または折れ線グラフを配置して
作図される。初期には、面接から直感的に作成されていたが、
その後は質問紙による作成が主流となり、独立したパーソナリティ
検査としても普及したのである。日本でも東大式エゴグラムが
多くの臨床現場で用いられている。