交流分析

交流分析とは、バーン,E.により開発された理論体系及び、集団
心理療法のこと。「互いに反応しあっている人々の間で行われて
いる交流(コミュニケーションのやりとり)を分析する事」で、自己理解
の促進と自発性の増強、真の対人関係の回復を目的としている。
自分の自我状態やコミュニケーションの癖に気づくことにより、過去
から解放された、よりよい親密で生産的な人間関係と生活スタイル
を実現しようとするのである。