森田療法

森田療法とは、森田正馬が創始した心理療法のこと。症状への
「こだわり」が症状を固定化させているという悪循環を断ち切り、
あるがままの自分を受け入れて生きて行く事を援助する。治療は
合宿形式で、最初の1週間の絶対臥褥期では全ての活動を禁じ
られる。その後、軽作業期・重作業期・生活訓練期と推移する
過程で、症状を生み出していた精神エネルギーの本来の形
(生への欲望)を取り戻し、「あるがまま」の態度で再び社会復帰
していくのである。