認知行動療法

認知行動療法とは、行動的技法と認知的技法を効果的に組合わ
せて行う心理療法のこと。行動変容だけでなく、その行動を支配する
内的な認知過程の変容も等しく重視する折衷型アプローチ。かつて
内的過程を排除した行動主義心理学が、情報処理理論から内的過程
を研究する認知心理学にシフトしたように、行動療法も認知的な技法を
統合することで進化したといえるのである。対象に合わせ適した技法を
組合せ、治療プログラムをデザインできる治療パッケージが特徴である。