負の練習法

負の練習法とは、条件性制止法とも呼ばれるもので、ハル,C.L.の
行動理論に基づく技法である。例えばチックなどの習慣化した不適応
行動を意識的に集中反復させて、反復後に一定の休息を与える、という
過程を繰り返し行う。それにより、反復による疲労や徒労感が学習され、
症状が消失するというもの。チックのほか、吃音や心因性失語などが
適用対象となるのである。消去すべき症状を意識的に反復させるという
逆説的な技法。