トークンエコノミー法

トークンエコノミー法とは、適切な反応に対してトークン(代用貨幣)
という報酬を与え、目的行動の生起頻度を高める行動療法の
技法である。トークンは、一定量に達すると特定物品との交換や
特定の活動が許されるという二次的強化の機能を果たす。適用に
あたっては、事前にクライエントとトークンと代替する物品・活動の
取り決めをすることが重要。この技法は、強化子に飽きにくく、
場所を選ばずに強化できる、強化が遅れないなどの点で効果的
である。