行動療法

行動療法とは、客観的に実証された学習理論の応用により、
誤って学習された不適応型行動パターンを消去し、未学習の
適応的行動パターンの形成を行うことで、問題症状を適切な
方向へ変容させる心理療法のこと。行動療法の背景には、
あらゆる人間の行動は学習により成立するという行動主義
心理学理論が存在している。科学としての心理療法であり、
精神分析や来談者中心療法とは異なり、直接観察できない
人間の内的過程に働きかけることはしない。