フォーカシング

ジェドリン,E.T.は、ストランズのひとつである体験過程こそ、
心理療法の本質であると考えた。体験過程とは、身体感覚
として体験されるが、概念にできない感情の流れと定義。この
体験過程に接近することでクライエントの自己理解を援助する
技法のことをフォーカシングと呼ぶ。フォーカシングでは、
フェルトセンスと呼ばれる、曖昧であるが直接感じとれる身体感覚
を明確化する過程を通して、自己の内面に存在する言語化・
概念化が困難な心の動きに焦点を当てていくのである。