自己一致

自己一致とは、自己概念(そうであるべき自分)と自己経験(あるが
ままの自分)が一致している状態のこと。ロジャースの来談者中心療法
において目標とされる健全なパーソナリティの状態で、後にジェニュイン
ネス(純粋性)と呼ばれるようになった。逆に自己概念と自己経験の
不一致がクライエントに不適応をもたらすことになるのである。心理療法
の場では、セラピストの自己一致が、クライエントの不一致から自己一致
状態へ変化、治療効果をもたらす為の必要条件とされている。