現存在分析

現存在分析とは、フロイトの弟子であったビンスワンガー,L.と
ボス,M.により創始された精神医学の学派、及びそれに基づく
心理療法のこと。人間を客観対象化する自然科学的・還元主義
方法をとった20世紀初期の心理学と精神医学を批判し、世界内
存在としての人間を直接にありのままに理解しようとする現象学
的立場を強調した。フッサールの現象学やハイデッガーの存在論
を基礎として、クライエントの内的世界を重視し、同じひとりの人間
として見ていこうとする。この姿勢は来談者中心療法と共通する。