アニマとアニムス

ユング,C.G.は、シャドウとの対決に続く過程として、心の中の
異性イメージの変容を強調した。男性の心中の異性イメージをアニマ、
女性の場合をアニムスと呼んでいる。アニマは、①生物学的、②
ロマンチック、③霊的、④叡智、アニムスは、①力、②ロマンチック、
③言葉、④意味の4段階で発達するとされる。これらの異性イメージ
は、しばしば現実の異性に投影され、精神的な成熟において重要な
役割を果たすのである。