集合的無意識

集合的無意識とは、普遍的無意識とも呼ばれるもので、ユング,C.G.
が提唱。無意識を、個人的無意識と集合的無意識の2つに区分した。
個人的無意識は、フロイト,S.の無意識の概念にほぼ等しいが、
集合的無意識は、人類が共通して持つより深い層にある無意識の
ことである。生物進化の過程で消えた器官が、痕跡として身体に
残る(尾骨や虫垂など)のように、今まで存在した全ての人間が積み
重ねてきた経験が、個人の精神の奥に痕跡として蓄積されていると
ユングは主張した。