個性化

個性化とは、分析心理学における最終目標で、人間がそれ以上分割
できない統合体・心の全体性を獲得すること。ユング,C.G.が提唱。
人生の初期においては、現実に適応するために、自分の持つ無数の
可能性を取捨選択して自我を形成していく。しかし選択されず無意識
のうちに抑圧されたものであっても、それは個人に内在する可能性であり、
心の全体である自己の一部である。自らの内の無意識と対決し統合
していくことで、心の全体性を回復しようとする努力が、個性化の過程
となるのである。