分析心理学

分析心理学とは、ユング,C.G.が理論化した深層心理学の体系
のこと。集合的無意識・元型・個性化などについて独創的に考察。
フロイト,S.の精神分析との相違点は数多いが、あえて強調する
ならば、フロイトは乳幼児期を重要視する決定論・因果論的立場を
とるのに対し、ユングは個性化を最終目標とする未来志向・目的論的
な立場をとることが挙げられる。無意識及びリビドーの捉え方も、
フロイトは精神分析は原始的・本能的な面を強調したが、ユングは
無意識の創造性・相補性を強調した。