自己愛

自己愛とは、フロイト,S.は、自我に向けられたリビドーであり、
幼児において見られるとしており、児童期以降は他者愛が
正常な発達であるとみなした。しかし、コフート,H.は、自己愛は
それ自体独立したものであり、健全なもので成人後も残るとして
おり、さらに他者愛の成立も、健全な自己愛の前提によると
主張した。彼はまた、幼児期に満たされなかった自己愛の代償
として、病的な自己愛が肥大した自己愛的性格(人格障害)に
関する独創的な理論を展開したのである。