自己心理学

自己心理学とは、コフート,H.が創始した精神分析の一派のこと。
精神分析や自我心理学が、心的装置のひとつに過ぎない自我を
治療対象にしたのに対し、人間精神の全体である自己を治療対象
にすべきであると主張した。自己及び自己愛の発達を理論の中心に
置き、特に健全な自己愛の存在と、その延長としての他者(自己対象)
の概念が重要視される。クライエントの自己対象としてセラピストが
適切に機能し、クライエントがその機能を取り入れること(変容的内在化)
で治療が行われるとされているのである。