移行領域

移行領域とは、中間領域とも呼ばれるもので、ウィニコット,D.W.
の理論における主観概念のこと。成長につれて、子供は主観的な
内面世界から現実世界へと生活の場を移す(錯覚から脱錯覚へ)。
これらの内界と外界の中間に位置するのが移行領域である。
移行領域は、ファンタジーと現実が共存できる世界であり、ここでは
移行対象はただの物であると同時に母親と等価の愛着対象でも
ある。この領域で遊ぶ事で、子供は自らの内面と外界の折り合いを
つけていくとされている。大人になっても移行領域は消えず、芸術や
宗教の場となるのである。