対象関係論

対象関係論とは、乳幼児期において、感情を向ける重要な他者
(特に母親)との関係(対象関係)を重視し、子供が自ら内的世界に
母親イメージを取り入れる過程と、そのイメージ(内的対象)との
関係性という観点から、パーソナリティの理解や精神病理の治療
の為に構築された理論のこと。クライン,M.により創始され、
フェアバーン,W.R.D.やウィニコット,D.W.らにより発展した。
個人の現実適応を重視したフロイト,A.らの自我心理学との
論争は有名である。