自我機能

フロイト,S.の古典的構造論では、自我の役割は、単なる調整役に
過ぎない。自我心理学では、自我の能動的・積極的機能を重視した。
特に、現実検討能力(外界を認識し現実的で妥当な判断を下す)、
防衛規制(欲求や感情を制御する)、自我境界(自己の内界と外界の
境界を識別し維持する)などの能動的自我機能に関する理論は、
自我障害としての精神病や境界例の理解と治療に多大な影響を
与えたのである。