自我心理学

自我心理学とは、自我の主体的な役割を強調した精神分析の一派。
フロイト,S.の精神分析が無意識の解明に重点を置いたのに対し、
自我構造の解明を理論の中心に置く。神経症とは自我機能の機能不全
であり、自我機能の異常さを除去し自我の本来の機能を回復することが、
患者にとって重要である、とした。自我の防衛機制を体系化したフロイト,A.
(フロイト,S.の末娘)や、自我の自律的・能動的側面を強調した
ハルトマン,H.らにより発展した。