甘え理論

甘え理論とは、土居健郎が構築した、精神分析及び日本文化理論
のこと。甘えとは、他者との分離の事実を否定し、分離の痛みを
味わいたくない心理と定義されている。土居によると、この心理の
起源は、日本文化特有の密着型母子関係にあり、発達後も
対人関係における基本的態度であった。しかし、近代以後の
欧米的個人主義文化の流入により、甘えが抑圧され、その葛藤が
様々な神経症的不適応を引き起こしているとされている。阿闍世
コンプレックスと並んで、日本における精神分析の重要概念である。