阿闍世コンプレックス

阿闍世コンプレックスとは、母親が親であると同時に妻でもあり、
自分の誕生の由来が母親の性の産物であることに対して、
子供が持つ恨みを中心としたもの。日本の精神分析の第一人者
である古沢平作が、仏教説話を下敷きに提唱した概念。子供が
持つ母親との一体感、そしてそれが崩れた時に生じる母親への
恨みと攻撃、母親の許しに伴う許され型/懺悔型の罪悪感、の
3つが基本要素である。古沢は、父性中心主義的な欧米の
精神分析に対し、母子関係を重視した日本特有の精神分析理論を
発展させたのである。