エディプス・コンプレックス

エディプス・コンプレックスとは、幼児が3~5歳の男根期において、
両親に対して抱く無意識的な愛憎の葛藤のこと。ギリシャ神話に
おいて、エディプス王が父親を殺し母親と結婚した伝説に基づき、
フロイト,S.が命名。幼児は、異性の親に性的欲求を向け、
ライバルである同性の親を憎む。このような近親相姦的感情は、
去勢不安で終結し、潜伏期へと移行する。フロイトは、元々男児の
心性としてこの語を用いたが、後に女児にも適用できると判断した。
(エレクトラ・コンプレックス)